1. HOME
  2. Events
  3. 上野
  4. ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展 in 国立西洋美術館

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展 in 国立西洋美術館

ドイツ生まれの美術商ハインツ・ベルクグリューン(1914~2007年)のコレクションは、すべてのコレクターのお手本ともいえる、作品収集への情熱と研ぎ澄まされた審美眼により、20世紀美術を展望できる一級の作品が揃っていると言われます。
国立西洋美術館で開催中の「ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展」では、彼が最も敬愛した同時代の4人の芸術家たち、パブロ・ピカソ、パウル・クレー、アンリ・マティス、アルベルト・ジャコメッティを中心に数々の名品が紹介されています。
ベルクグリューン美術館からは日本初公開となる76点を含む97点に加え、日本の国立美術館の所蔵・寄託作品11点を加えた合計108点が鑑賞できる貴重な機会となっています。

珠玉のコレクションから厳選された名品を観る貴重な機会
ハインツ・ベルクグリューン(1914~2007年)は、1948年からパリで画廊を経営しながら自分自身のために作品を集め、世界有数の個人コレクションを作りあげました。彼のコレクションは1996年以後、生まれ故郷であるベルリンのシャルロッテンブルク宮殿に面した建物の中で公開され、2000年には主要作品をドイツ政府が購入、2004年にはベルクグリューン美術館と改称しました。

ベルクグリューン美術館は、ベルリン国立美術館群ナショナルギャラリーに属し、数々の展覧会を開催してきた世界的に評価の高い美術館です。本展は、このベルクグリューン美術館の改修を機に実現し、館外でここまでまとめてコレクションを紹介する展覧会は今回が初めてということです。

ピカソのすべての時代を展望できる
ベルクグリューンは同時代を生きる最大の画家としてピカソに心酔しました。ピカソ本人とも交流しながら、作品の収集に没頭し、コレクションを拡大させていきます。本展で紹介されている作品のうち、日本初公開35点を含む約半数がピカソの作品という充実したヴォリュームによって、ピカソの各時代を代表する名品を通じて彼の画業を一望することができます。

またコレクションでは、ピカソだけでなく、パウル・クレー、アンリ・マティス、アルベルト・ジャコメッティの作品にも重点が置かれ、この4人が共通して師と仰いだモダンアートの祖、ポール・セザンヌも加えた名品の数々も本展の楽しみのひとつです。

美術商ならでは ~ 厳選された額にも注目
作品を購入すると、ベルクグリューンはアンティークの額を探し出して組み合わせたそうです。こだわりのアンティークの額縁とのユニークな組み合わせにも注目です。

タイトル ピカソとその時代
ベルリン国立ベルクグリューン美術館展
会期 2022年10月8日(土)~ 2023年1月22日(日)
会場 国立西洋美術館
住所 〒110-0007 東京都台東区上野公園7番7号
Webサイト https://picasso-and-his-time.jp
開館時間 9:30〜17:30
毎週金・土曜日:9:30〜20:00
※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日、12月30日(金)-2023年1月1日(日)、1月10日(火)
(ただし、10月10日(月・祝)、2023年1月2日(月・休)、1月9日(月・祝)は開館)
料金 一般2,100円
大学生1,500円
高校生1,100円※中学生以下は無料
※心身に障害のある方及び付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)
※新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、本展では団体券の販売を行わないことといたしました。
※国立美術館キャンパスメンバーズ加盟の大学等の学生・教職員は本展覧会を学生1,300円、教職員1,900円でご覧いただけます。国立西洋美術館券売窓口にてお求めください。
チケット情報 ※混雑緩和のため、本展覧会は事前予約制(日時指定券)を導入いたします。
チケットの詳細・購入方法は、 展覧会公式サイトのチケット情報をご確認ください。