1. HOME
  2. Events
  3. 注目スポット
  4. MISA SHIN GALLERY
  5. フランシス真悟 Illuminated Presence @ MISA SHIN GALLERY

フランシス真悟 Illuminated Presence @ MISA SHIN GALLERY

MISA SHIN GALLERYではフランシス真悟氏の個展「Illuminated Presence」が開催されています。フランシス氏の作品は観る角度や時間帯によって見える色が変わります。そうした色彩の変化や作品がまとっている雰囲気は、これだけ動画や画像、VR技術などが進んだ現代でもネット上では再現不可能です。それゆえ、ギャラリーに行って、観るしかありません。
また表現そのものはとてもシンプルなので、私たちに自由にイマジネーションを広げることを許してくれる楽しいアート体験になるでしょう。

素敵な作品との出会い
広尾駅近くの有栖川宮記念公園の緑を抜けて、ちょっとだけ散歩してMISA SHIN GALLERYへ(他にも、白金高輪駅や麻布十番駅も最寄駅)。閑静な住宅街をのんびり歩いていると、“誰かの家に行く、訪ねにいく”といった気分になってきます。フランシス真悟氏の個展は、その期待にたがわぬ素敵な作品との出会いでした。

ギャラリーの中に入ると、整然と作品が並んでいて、近づくと観る角度によって色が変わります。角度だけでなく、1日の中でも時間帯によって、その時の光をカンバスが受けることで色が変わり、さまざまな豊かな表情を見せてくれます。

心を静かに作品に向き合うと、いろんなイメージがわいてくる鏡のようです。見た目はたいへんシンプルな表現ですが、恐らく深い思索の末に行き着いた、他にはない新しいものだなと感じます。

自分の目で観ないと分からない「Interference」シリーズ
フランシス真悟氏は1969年カリフォルニア州サンタモニカ生まれ。ロサンゼルスと鎌倉を拠点に活動し、絵画における空間の広がりや精神性を探求し続けている作家です。

近年では、特殊な素材が引き起こす光の干渉によって、絵の具の複数の層に光が通り、見る角度によってさまざまな色が現れる「Interference」シリーズを発表されています。
光の干渉とは複数の光の波の重ね合わせによって新しい波形ができることです。身近な例ではシャボン玉があげられ、表面と裏面で反射する光が干渉しているため、私たちの目にはきらきら虹色に光って見えます。

“Interference”は一般的に日本語では「干渉」や「妨害」と訳されます。ここでは上記のような光の干渉のことを指しているようですが、作品を観ていると、もう少し深い意味を持たせたシリーズタイトルのようにも感じます。

自分を見つめる鏡になる
前回2019 年の個展で展示された「Interference」シリーズと本展の作品の違いは、前回は主に長方形のカンバスにひとまわり小さい長方形が描かれていたのに対し、本展では正方形のカンバスの中に円が描かれていることです。
円はフォルムが美しいので心が落ち着くだけでなく、海に沈む夕日や和室から庭を望む丸い窓など、私たちそれぞれの記憶が呼びさまされるようなところもあります。

古来、地・水・火・風・空を含んだ世界全体を表しているとされる「円」は、禅においては悟りや真理の象徴で見た人の心を映し出すものとも言われてきました。御神鏡の「円」、禅僧の「円」などに代表される、単純明快でありながら奥の深い「円」。さらに「円」は自然界の繰り返される現象や移り変わりなど、私たちが生きている壮大な生命のサイクルを表していると言われます。また、コロナ禍によるステイホームで感じたシンプルな1日のサイクルにも「円」を感じた方もいるかも知れません。
フランシス氏の新しい試みである円は、観る者が向き合うことで自身を映し出し、自分自身を見つめるきっかけにもなり得ることでしょう。
さて、あなたには何が見えるでしょうか?ぜひ、ギャラリーを訪ねてみてください。

●作家プロフィール(プレスリリースより引用)

フランシス真悟 Shingo Francis
1969年カリフォルニア州サンタモニカ生まれ。ロサンゼルスと鎌倉を拠点に活動。絵画における空間の広がりや精神性を探求し続けている。DIC 川村記念美術館(千葉、2012 年)、ロビーギャラリー、ダースト財団(ニ ューヨーク、2013 年)、市原湖畔美術館(千葉、2017 年)、セゾン現代美術館(軽井沢、2018年)、マーティン美術館 (ウェーコ、テキサス、2019)など 国内外の多数の個展、グループ展に参加。JP モーガン・チェース・ アート コレクション、スペイン銀行、 フレデリック・R・ワイズマン財団、森アーツセンター、セゾン美術館、桶田コレクション、東京アメリカンクラブなどにコレクションとして収蔵。

タイトル フランシス真悟  Illuminated Presence
会期 2022年1月21日(金)~ 3月12日(土)
会場 MISA SHIN GALLERY
住所 東京都港区南麻布3-9-11 パインコーストハイツ1階
Webサイト https://www.misashin.com/exhibitions/shingo-francis-illuminated-presence/
開廊時間 12:00~19:00
休廊日 日、月、祝日
料金 無料