1. HOME
  2. Events
  3. 銀座/日本橋
  4. 資生堂ギャラリー
  5. 第14回 shiseido art egg 橋本晶子展 @ 資生堂ギャラリー

第14回 shiseido art egg 橋本晶子展 @ 資生堂ギャラリー

資生堂ギャラリーでは公募プログラム第14回「shiseido art egg(シセイドウアートエッグ)」に入選された3名の内の2名目、橋本晶子さんによる個展「Ask him」が開催されています。
2006年から始まる公募プログラム「shiseido art egg」は、1919年のギャラリーオープン以来の活動理念である「新しい美の発見と創造」をまさに体現するような、瑞々しい新進アーティストを応援する取り組みです。
公募プログラムではあまりない、入選者は資生堂ギャラリーの担当キュレーターと話し合いを重ね、通常の企画展と同様に共に展覧会を作り上げていきます。今回はギャラリー空間全体がひとつの作品として構成されている点が大きな見どころです。

空間全体で得られる他にないアート体験
今回の橋本晶子さんの作品「Ask him」は、ギャラリー空間を静かで私的な空間に変容させ、現在の場所とは異なる、どこか別の場所へ来場者を誘います。紙やトレーシングペーパーに鉛筆で描かれたものが全部で20点展示されていますが、あくまでもそれは「描画部分素材」であり、「絵画作品」ではありません。あくまでも空間全体で感じることで得られるアート体験として成立しています。

壁のコーナーにまたがって展示されている「描画部分素材」も数点あるなど、通常の個展とは異なる展示のあり方が感じられるので、これはひとつひとつ作品を観るだけでは、この空間全体を楽しめないなと途中で気づきます。
作品の鑑賞やその方法は自由であるべきだと思いますが、人間の習い性とは恐ろしいものです。ついつい、いつものようにひとつひとつの「作品」と対峙しようという意識が働いてしまうのですが、そのまま描画部分素材だけを「絵画作品」として見終えてしまうと橋本さんの作品の最も魅力的な部分を見逃してしまうことになるのでしょう。

ギャラリー全体がモノトーンで洗練された、儚くあわい空間に
道、飛ぶ鳥、風景などの緻密に鉛筆で描かれた描画部分素材は、連続性があるように見えながらカーテンにさえぎられたり、一定のリズムがありながらランダムに配置されているようにも見えます。しかし、ギャラリーの広い空間や白い壁が作品の余白として構成されているので、静かに眺めていると観る者の中に自由にイメージが広がり、「ここ」からどこか遠くにある「向こう側の空間」が見えてくるような気がします。

描画部分素材は折りたたまれたものが広げられたり、山折りがされているものもあります。また小さな緑が添えられているテーブルや、描画部分素材がカーテンで隠れていたりもします。そうした小さな変化の数々と、それぞれに照度の違う照明による光影は壁面と呼応し、ギャラリー全体をモノトーンで洗練された、儚くあわい空間に仕上げています。

なぜ、このような空間全体を使った作品になったかについては、資生堂ギャラリーのWebサイトからリンクされているインタビュー記事をご参照ください。橋本さんが非常に具体的に、その動機を語っていらっしゃいます。

私たちに問われている「観る」ということ
私たちが「観ているものは果たして本当なのかどうか」という問いは、作家の大きなテーマになるようで、同じような問題意識のある個展や作品にはこれまでもたくさん出会いました。それはしばしば問いの答えが出ていなかったり、作家個人の内なる葛藤にとどまっているように感じられるものが多い中で、橋本さんの空間全体で構成する作品は観る者と素直にその問いを共有し、観る人なりの“答え”を肯定するやわらかい力があるように感じます。

ここにしかないアート体験を楽しみに訪れてはいかがでしょうか。

タイトル 「第14回 shiseido art egg」 橋本 晶子 展
会期 2020年10月30日(金)~11月22日(日)
会場 資生堂ギャラリー
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
Webサイト https://gallery.shiseido.com/jp/
営業時間 平日 11:00~19:00
日曜・祝祭日 11:00~18:00
休館日 毎週月曜日
※月曜日が祝祭日にあたる場合も休館いたします。
料金 無料
※館内のソーシャルディスタンスを確保するため、事前予約制となっています。
詳しくはこちらをご覧ください。https://artsticker.app/share/events/detail/271