1. HOME
  2. Events
  3. 六本木
  4. アナザーエナジー展: 挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人 @ 森美術館

アナザーエナジー展: 挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人 @ 森美術館

森美術館では「アナザーエナジー展:挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人」が開催中です。タイトルから想起できる現代アートやフェミニズムのようなキーワードだけでくくれない、複雑な“味わい”があり、何回も行ってみたくなる企画展です。
特に、気軽に海外旅行に行くことができない現在、どこか知らない国の街角を歩いているような気分になり、そこに暮らす人々の苦悩や生きる喜びに触れることができる貴重な機会になるのではと思います。

参加アーティスト16人それぞれが50年以上、信じてきたこととは。
それぞれのアーティストの展示を観ていくと、確かにこれは“パワー”ではなく“エナジー”だなと納得させられます。一瞬の輝きや波動ではなく、長い時間をかけて持続されてきたこと、かれることのない創造性など根源的かつ、しなやかな力強さをあなたは感じるでしょう。

本展で紹介されている16名女性アーティストは、全員が50年以上のキャリアを誇り、出身地は世界14カ国におよび、現在の活動拠点も多岐にわたります。それぞれが置かれた環境や時代は激しく変化したであろうにも関わらず、独自の創作活動を続けてこられました。

そうした姿勢は作品だけでなく、展示されているインタビュー映像での確信に満ちた言葉からも伝わってきて、ぶれることなく生きてきた迫力が感じられ、印象に残ります。

アートを通じて世界を旅し、起きている問題や事象を体験する
本展はこれまで欧米を中心に語られていたアートから脱却し、様々な地域の文化や歴史を主題にする作品や、非欧米圏出身のアーティストが注目されるアートの潮流を踏まえて企画されています。作品は網羅的に並べられているのではなく、彼女たちの実践や人生を通して、フェミニズム、移民の歴史など、それぞれの作品の背景にある文脈や独自性を浮き彫りになっており、世界の問題や数々の事象が見えるような展示構成になっています。

このような問題や事象はネットやニュースを見れば、知識としては頭に入るのですが、このようなアートを通じて体験できるような機会はなかなかないでしょう。まさにアートを通じて世界を旅しているような感覚を私たちに抱かせます。

まさに自由奔放な、しなやかで力強い“アナザーエナジー”

16名のアーティストそれぞれの表現は、発想が自由奔放で、何ものにもしばらず、変化を恐れないしなやかな力強さを持ち、まさに多様性に満ちた楽しさを観客にもたらしてくれます。


最後に、アナザーエナジーとは何か。本展の企画者のひとりである片岡真実氏(森美術館館長)が、「ガイド版」と通常版2種のアナザーエナジー展・展覧会カタログ内の論考に記されている言葉を以下に引用します。

彼女たちが美術館、美術史、あるいはマーケットから正当な評価を得られないなか、その挑戦を続けて来られたのは何故か。その原動力となるエネルギーは何なのか。それを本展では問うている。力尽くで競争を勝ち抜き、権力に認められ、スターダムにのし上がるための闘争的なエネルギーではないだろう。彼女たちが挑戦し続けてきた、何か別のエネルギー。それを「アナザーエナジー」と呼ぶことにした。

本展に出展しているアーティストは全員が70才以上だとか。月並みな言葉ですが、観る私たちもエナジーをいただけるアート体験になるでしょう。

 

【出展アーティスト(姓のアルファベット順)】
※各アーティストの詳しい紹介は、こちらの森美術館サイトをご覧ください。
エテル・アドナン 1925年ベイルート生まれ、パリ在住
フィリダ・バーロウ 1944年英国、ニューカッスル・アポン・タイン生まれ、ロンドン在住
アンナ・ボギギアン 1946年カイロ生まれ、同地在住
ミリアム・カーン 1949年スイス、バーゼル生まれ、ブレガリア在住
リリ・デュジュリー 1941年ベルギー、ルーセラーレ生まれ、ローフェンデゲム在住
アンナ・ベラ・ガイゲル 1933年リオデジャネイロ生まれ、同地在住
ベアトリス・ゴンザレス 1932年コロンビア、ブカラマンガ生まれ、ボゴタ在住
カルメン・ヘレラ 1915年ハバナ生まれ、ニューヨーク在住
キム・スンギ 1946年韓国、扶餘(プヨ)生まれ、パリ在住
スザンヌ・レイシー 1945年カリフォルニア州ワスコ生まれ、ロサンゼルス在住
三島喜美代 1932年大阪府生まれ、同地および岐阜県在住
宮本和子 1942年東京都生まれ、ニューヨーク在住
センガ・ネングディ 1943年シカゴ生まれ、コロラド州コロラドスプリングス在住
ヌヌンWS 1948年インドネシア、ラワン生まれ、ジョグジャカルタ在住
アルピタ・シン 1937年インド、バラナガル生まれ、ニューデリー在住
ロビン・ホワイト 1946年ニュージーランド、テ・プケ生まれ、マスタートン在住

タイトル アナザーエナジー展:挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人
会期 2021年4月22日(木)~ 2022年1月16日(日)
会場 森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
住所 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
Webサイト www.mori.art.museum
開館時間 10:00~22:00(最終入館 21:30)
※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
※ただし11.23(火・祝)、12.28(火)、1.4(火)、1.11(火)は22:00まで(最終入館 21:30)
休館日 会期中無休
料金 専用オンラインサイトでチケットを購入すると( )の料金が適用されます。

[平日]
一般 2,000円(1,800円)
学生(高校・大学生)1,300円(1,200円)
子供(4歳~中学生)700円(600円)
シニア(65歳以上)1,700円(1,500円)

[土・日・休日]
一般 2,200円(2,000円)
学生(高校・大学生)1,400円(1,300円)
子供(4歳~中学生)800円(700円)
シニア(65歳以上)1,900円(1,700円)

キャンペーン情報 期間限定で、学生・子供料金が、ワンコインの500円となるキャンペーン実施中(11/30まで)
詳しくは、こちらのページをご覧ください。