1. HOME
  2. Events
  3. 注目スポット
  4. 東京オペラシティアートギャラリー
  5. 川内倫子:M/E 球体の上 無限の連なり in 東京オペラシティアートギャラリー

川内倫子:M/E 球体の上 無限の連なり in 東京オペラシティアートギャラリー

東京オペラシティアートギャラリーでは写真家・川内倫子氏(1972年~)の個展、「川内倫子:M/E 球体の上 無限の連なり」が、2022年10月8日(土)から12月18日(日)まで開催されています。
国内の美術館では約6年ぶりとなる本展は、空間設計を建築家の中山英之氏が手がけ、鑑賞者が会場で作品に向き合う体験を身体感覚として経験できるよう、川内氏とのディスカッションを重ね、インスタレーションとして展示が組み立てられています。
展覧会タイトルにもなっている新作シリーズ〈M/E〉を中心に据え、未発表作品や過去に発表したシリーズを織り交ぜながら、写真だけでなく、映像など、さまざまな手法による作品を通して、川内氏の創作の本質や問題意識の核に迫る内容となっています。

〈M/E〉~母なる大地と私
新作シリーズの〈M/E〉とは、「母(Mother)」、「地球(Earth)」の頭文字であり、続けると「母なる大地(Mother Earth)」、そして「私(Me)」とも読めます。アイスランドの火山や流氷の姿や北海道の雪景色と、コロナ禍で撮影された日常の風景は、一見すると何の関係もなく、かけ離れているように思えます。しかし、どちらもわたしたちの住む地球の上で起こっていることであり、川内氏の写真はそこにあるつながりを意識させます。鑑賞者にとってはそこで、人間の命の営みや自然との関係についてあらためて問い直す機会となることでしょう。

川内の作品の本質に迫ります
写真家・川内倫子氏は、柔らかい光をはらんだ淡い色調を特徴として、初期から一貫して人間や動物、あらゆる生命がもつ神秘や輝き、はかなさ、力強さを撮り続けている作家です。身の回りの家族や植物、動物などのはかなく、ささやかな存在から、長い時を経て形成される火山や氷河などの大地の営みまで、これらが等しく、必ず生と死が訪れるという摂理や循環していくものであるという生命の輝きを放つ様子が、川内氏独自の感覚で捉えられています。
本展では、川内氏がこの10年間に取り組んできた新作を含む、いくつかのシリーズの体験を通して、氏が表現しようとしてきた本質に触れることができるでしょう。

【本展で紹介される主なシリーズ】(プレスリリースより転載)
〈4%〉
ロサンゼルスのアーティストインレジデンスTHE LAPIS PRESS でのコミッションとして、2011 年にサンフランシスコ、2012 年にロサンゼルスにそれぞれ滞在して制作されました。球体や水平線など、宇宙をイメージさせる被写体が多く登場する、日本では初公開となるシリーズ。

〈An interlinking〉
川内の写真を象徴する6×6 の正方形フォーマットで撮られたシリーズ。日常にあるイメージや小さな命の姿を、ローライフレックスの6×6 フィルムでとらえています。過去20 年以上にわたって撮影されたアーカイブから今回の展示のために構成した未発表を含む作品群を紹介。

〈光と影〉
2011 年4 月、友人の写真家の案内兼通訳として訪れた石巻、女川、気仙沼、陸前高田で白と黒のつがいの鳩と出会ったことで生まれた作品。生と死、相反するものが同時に存在する世界を象徴するかのような2 羽の鳩の姿を写しています。本展ではスライドショーで展示予定。

〈あめつち〉
熊本県阿蘇で古くから行われてきた野焼きを、4×5のフィルムカメラを用いて撮影したシリーズ。野焼きに加え、イスラエルの嘆きの壁など、自然への畏怖と人間の祈りや「捧げる」という行為に焦点を当てた作品が含まれます。

〈M/E〉
2019 年より川内が取り組んできた新作シリーズ。アイスランドの氷河や冬の北海道の雪景色と、コロナ禍に自宅周辺で撮影した家族や生き物の姿などの身近な風景など、ミクロとマクロの視点から自然の姿を写しとっています。本展の中心に据えられたシリーズであり、空間全体を使った構成で展示します。

〈Illuminance〉
2011 年に発行された写真集『Illuminance』の映像作品として発表され、展示される度に新しく映像を追加していくことをコンセプトとした作品。当初10 分程度だった再生時間は増え続け、川内の活動の軌跡であると同時に、永遠に未完であり続ける作品でもあります。

タイトル 川内倫子:M/E
球体の上 無限の連なり
会期 2022年10月8日(土)~ 12月18日(日)
会場 東京オペラシティ アートギャラリー  ギャラリー1,2
住所 〒163-1403 東京都新宿区西新宿3-20-2(東京オペラシティタワー3F)
Webサイト https://www.operacity.jp/ag/exh255/
開館時間 11:00 ─ 19:00(入場は18:30まで)
*11月3日(木)~ 6日(日)は「アートウィーク東京」の開催にあわせ10:00 ─ 19:00開館
休館日 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
料金 一般1,200円(1,000円)
大・高生800円(600円)
中学生以下無料*同時開催「収蔵品展074 連作版画の魅力」「project N 88 䑓原蓉子」の入場料を含みます。
*()内は各種割引料金。
*障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料。
*Arts友の会会員は無料。(会員証をご提示ください)
*割引の併用および入場料の払い戻しはできません。
チケット情報 事前予約不要