1. HOME
  2. Events
  3. 清澄白河 / 両国
  4. 東京都現代美術館
  5. Viva Video! 久保田成子展 @ 東京都現代美術館

Viva Video! 久保田成子展 @ 東京都現代美術館

東京都現代美術館では国際的に活躍し、ヴィデオ・アートの先駆者のひとりである久保田成子氏(1937-2015)の没後初で、日本では約30年ぶりの大規模な個展「Viva Video! 久保田成子展」が開催されています。
日本初公開のヴィデオ彫刻のみならず、様々な作家との交流を示す写真や手紙といった多くの資料も展示され、ひとりの女性作家が何を考え、生涯をかけて何を表現しようとしたのか?久保田氏が生きた時代の空気感も含め、その全容に触れられる展覧会となっています。

ヴィデオ・アートの先駆者になる
全7章からなる展示構成の内、最初の1~3章では新潟・東京から1964年にニューヨークへ移住した後、前衛芸術集団「フルクサス」で活動し、ヴィデオと出会うまでを作品だけでなく、豊富な写真や手紙などの資料でたどることができます。

日本では女性作家の活躍の場が限られていたことに失望したことがニューヨーク行きの直接の動機のようですが、渡米後の活動は他の女性作家をはじめ、才能あふれる様々な作家たちとの交流や協働を深め、国際的な舞台での活躍につながっていきます。

新しいものを生み出そうとする熱気にあふれたコミュニティがあり、その中で久保田氏が時には協働を主導し、時には仲間からの言葉にヒントを得て創造力を広げていったことがよく分かります。

ヴィデオ作品からヴィデオ彫刻へ
第4章から5章までは初期のシングルチャンネル・ヴィデオ作品から「ヴィデオ彫刻」へと展開されている経緯がよくわかります。

特に現代アートに大きな影響を与えたひとりであるマルセル・デュシャンの芸術に対して、久保田氏独自の解釈が見られる「デュシャンピアナ」シリーズの一連の代表作には注目です。デュシャンへの敬意を抱きつつも、これを乗り越えようとする久保田氏の挑戦は野心的であり、その独自の発想には興味深いものがあります。

またエコロジーへの関心から生まれた《河》(1979–81/2020)は水とモーター、プロジェクションと光といった要素が組み合わさった「ヴィデオ彫刻」です。ここで見られる光のゆらぎが、第6章の《ナイアガラの滝》(1985/2021)、《スケート選手》(1991–92)に見られるきらびやかでダイナミックな変化に魅せられる作品へとつながっていくようです。

 

ヴィデオと、美しく流れる時間
本展全体を通じて、久保田氏の生涯のパートナーであったヴィデオ・アートの開拓者と呼ばれる伝説的な作家ナム・ジュン・パイク氏との公私にわたる関係性が見られます。

6章ではパイク氏が故郷・韓国へ、お墓参りをする旅に同行した時に撮影した映像をヴィデオ彫刻として構成した《韓国の墓》(1993)が、最終章では病を得たパイク氏が病院で若い女性によるサポートでリハビリを受ける姿がユーモラスに描かれた《セクシュアル・ヒーリング》(1998)が展示されています。

今日、『動画』という言葉を使うと、ややもするとSNS上で“消費”され、消えていくコンテンツというイメージを与えます。しかし久保田氏のヴィデオ・アートはこれとは明らかに一線を画し、いつまでも色あせない、彼女が生きてきた時間が映し出されているようです。そうした久保田氏の作品や人生の輝きの本質は、最終章に展示されたスケッチブックに書かれた久保田氏の言葉にあるように感じられましたので、引用させていただきます。

Videoは時間のARTである。
時は流れ、過ぎ去るものは常に美しい。
              Shigeko ‘95

タイトル Viva Video! 久保田成子展
会期 2021年11月13日(土)- 2022年2月23日(水・祝)
会場 東京都現代美術館 企画展示室 3F
住所 〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
Webサイト https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/shigeko_kubota/
開館時間 10:00-18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日(2022年1月10日、2月21日は開館)、12月28日-2022年1月1日、1月11日
料金 一般 1,400円 / 大学生・専門学校生・65歳以上1,000円 / 中高生 600円 /小学生以下無料

※ 本展チケットで、「MOTコレクション」もご覧いただけます。
※ 小学生以下のお客様は保護者の同伴が必要です。
※ 身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳持参者とその付き添いの方(2名まで)は無料です。

チケット情報 予約優先チケットの購入はこちら

東京都現代美術館では、新型コロナウイルス感染予防・拡散防止の観点から、予約優先チケットを販売されています。混雑緩和のため、事前に予約優先チケットをご購入されることをお勧めします。