1. HOME
  2. Events
  3. 注目スポット
  4. SOMPO美術館
  5. 川瀬巴水 旅と郷愁の風景 @ SOMPO美術館

川瀬巴水 旅と郷愁の風景 @ SOMPO美術館

SOMPO美術館では旅と郷愁の風景を描いて“旅情詩人”と呼ばれ、大正から昭和にかけて活躍した版画家・川瀬巴水氏(1883~1957)の回顧展「川瀬巴水 旅と郷愁の風景」が開催されています。初期から晩年までの木版画作品から、まとめて見る機会の少ないシリーズ(連作)を中心に構成し、厳選された風景木版画約280点が紹介されています。
近年、改めて評価が高まっている「新版画」を推進した版元の渡邊庄三郎氏と追及した、海外にも通用した独特の美と世界観はあなたを魅了することでしょう。

深みがあり、ノスタルジックな魅力の「新版画」
江戸時代に大衆の娯楽として発展した浮世絵は、明治に入り石版、銅版、写真術に押されて衰退していきます。これを憂えた版元・渡邊庄三郎氏は、絵師・彫師・摺師の三者が協働する伝統的な木版技術の復興と版画の普及を目指し「新版画」を提唱しました。


「新版画」は絵師の個性を重視し、木版表現を第一に尊重するスタンスで、芸術性も高めました。また淡い色彩を何重にも色版で色を重ねて深みのある色彩を生み出し、深みのある味わいを生み出しています。
何より私たちにとって、時代劇でしか見たことのない浮世絵の世界より、大正・昭和という少し馴染みのある風景はノスタルジックな郷愁を誘います。

3章からなる展示構成で巴水氏と少し昔の東京や日本の旅に出る
巴水氏の作風は関東大震災の前後で大きく変わると言われています。第1章は鏑木清方氏に師事している時に渡邊庄三郎氏と出会い、木版画で風景画の絵師として世に出て被災するまでの作品で構成され、比較的単純化された図案が多くみられます。第2章の作品は以前よりも色彩の明るさや鮮やかさを強調する傾向が見られ、写実的な精密さも増して、国内外の展覧会で高い評価を受けていく時期の作品が紹介されています。


巴水氏の木版画の多くは、彼のふるさとの東京や旅で描いた風景をシリーズという形で発表したものが多くあり、本展では代表的なシリーズが可能な限りまるごと展示されています。巴水氏とともに日本全国を旅しながら、シリーズとして鑑賞する楽しみも大きな魅力です。


多角的に紹介される巴水氏の木版画の魅力と意外な人との縁
第3章に入ると、木版画のもとになった写生帖、木版画制作のプロセスが分かる順序摺、制作に使用した版木、生前の巴水氏の制作風景を撮影した記録映像などを観ることができ、木版画の世界への興味がさまざまな角度から高まります。


またアップル・コンピュータの共同創業者として著名なスティーブ・ジョブズ氏(1955 ~ 2011)が、若い頃から巴水氏の木版画のシンプルな美しさに共鳴していたことを紹介する特設コーナーも見逃せません。今では情報コミュニケーションツールとして生活に欠かせないスマートフォンを世に普及させるきっかけとなったiPhoneですが、ジョブズ氏は外見のデザインだけでなく、製品内部の部品の並び方や配線の位置までも美しくなるように指示していたと言われ、巴水氏が世界に与えた影響力に驚かされます。

あなたも、川瀬巴水の木版画の中で旅を楽しんではいかがでしょうか。

本展の全3章のうち、第1章の紹介動画が公開されています。ぜひ、ご覧ください。

 

タイトル 川瀬巴水 旅と郷愁の風景
会期 2021年10月2日(土)~ 12月26日(日)

会期中に一部展示替えあり
【前期】10月2日(土)~11月14日(日)
【後期】11月17日(水)~12月26日(日)
出展作品はこちらからpdfをダウンロードしてご確認ください。

会場 SOMPO美術館
住所 〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1
Webサイト https://www.sompo-museum.org
開館時間 午前10時~午後6時 (最終入館は午後5時30分まで)
休館日 月曜日※/展示替期間/年末年始
11月16日(火):展示替えのため
※ 祝日・振替休日の場合は開館
料金 [オンラインチケット] 一般 1,300円/大学生 1,000円
[当日窓口チケット]一般 1,500円/大学生1,100円
小中高校生、障がい者手帳をお持ちの方は無料
チケット情報 本展は日時指定入場制です。オンラインチケットの申込ページ
・事前に日時指定のオンラインチケットをご購入ください。入場無料の方もオンラインチケット(無料)を取得のうえ、ご来館ください。
・時間枠の定員に空きがある場合に限り、美術館受付で当日窓口チケットを販売します。