1. HOME
  2. Events
  3. 青山
  4. 根津美術館
  5. 企画展「狩野派と土佐派 ー幕府・宮廷の絵師たちー」 @ 根津美術館

企画展「狩野派と土佐派 ー幕府・宮廷の絵師たちー」 @ 根津美術館

土佐派と狩野派は、宮中や幕府の御用絵師を勤めた日本画の二大流派です。一般的に、狩野派は武士が自らの権力を誇示するような派手で豪奢なイメージで、土佐派は伝統的な大和絵の雰囲気を大事にしながら、優雅な作風を想起します。本展は歴史の流れに沿いながら、これら二大流派の名品を観ることができます。また、本展はいつもの「出品目録(出品リスト)」に加えて、「狩野派・土佐派略系図」が展示室の入り口に用意されています。それぞれの流派の中にも時代や絵師により画風も変化があるようで、略系図を参照しながら、そのあたりを感じるのも本展の楽しみのひとつでしょう。

[概要]
中世後期から江戸時代の終わりまで、約400年の長きにわたって隆盛を極めた狩野派。流派の祖・狩野正信(1434?〜1530)は、中国画が珍重された室町時代に漢画の絵師として頭角を現し、2代目・元信が狩野派独自の漢画様式の確立し、また漢画とやまと絵を融合した斬新な様式を創出しました。
その後に狩野永徳が力強い画風で時の天下人の心をつかみ、幕府が江戸に移っても活躍した狩野探幽や狩野山楽が登場します。足利義政から始まり、織田、豊臣、徳川と続く幕府の御用絵師として中央画壇に君臨します。

一方で土佐派は、伝統的な絵画様式であるやまと絵の絵師集団で、狩野正信と時を同じくして登場した土佐光信(1434?〜1525)の活躍により栄華を極めました。土佐派の当主の戦死などの不幸があって流派が途切れそうになるものの、時の天皇の庇護を受け、また江戸時代前期に土佐派中興の祖といわれる土佐光起の登場により、宮廷の絵師として見事に復活を遂げました。

日本を代表するこの二つの絵師集団は、幕府や宮廷といった当時の権力者たちの後ろ盾を得て、その御用を務めることにより勢力を拡大し、画壇の頂点へと上り詰めていきました。
本展では、根津美術館所蔵の狩野派と土佐派の作品を中心に、室町時代から江戸時代にかけて、幕府や宮廷の御用を務めた絵師たちの作品を観ることができます。端正な室町水墨からはじまり、江戸時代の豪華な屏風や鮮やかな色彩のやまと絵に至る、御用絵師たちの多様な絵画世界が楽しめます。

[主な出品]
観瀑図 伝 狩野正信筆 1 幅 紙本墨画淡彩


狩野派の祖・正信の印が捺される観瀑図。実際の制作は正信より下るものの、初期狩野派の系譜を引く山水画として貴重です。

四季花鳥図屏風 伝 狩野元信筆 6 曲1双  紙本墨画淡彩  

奥行きの深い空間に、様々な花鳥を配した、狩野元信筆の伝承を持つ屏風。元信が確立した明快な画面構成と筆法は時の権力者に受け入れられ、狩野派による画壇の制覇をもたらしました。

両帝図屏風 狩野探幽筆 6 曲1双 紙本金地着色  

画壇のトップに君臨した狩野探幽が、中国古代の伝説的な二人の皇帝を描いた屏風。その絢爛たる画面は、まさに有力者の屋敷や城郭を飾るに相応しい豪華さを見せています。

源氏物語朝顔図 土佐光起筆 1幅 絹本着色  

筆者の土佐光起は、伝統的なやまと絵に写生技法を取り入れた新様式を大成し、土佐派に85 年ぶりに宮廷絵所預の職をもたらした中興の祖です。描かれるのは『源氏物語』の著名な場面で、細密な描写と彩色は光起の画技の高さをものがたります。

羅陵王図 伝 土佐行秀筆 1幅 絹本着色  

箱書に記される伝承筆者の土佐(藤原)行秀は、室町中期を代表するやまと絵の絵師の一人です。小品ながらも細部まで描き込んだ優品で、中世に遡る希少な舞楽図です。

 

[同時開催展]
展示室5 変化(へんげ)のものがたり―お伽草子二題― 
室町時代のお伽草子絵巻2作品をとりあげ、その奇想天外な物語の筋を追いながら、素朴でなんとも味のある絵を鑑賞することができます。

賢学草紙絵巻 2 巻 紙本着色 

三井寺の僧 賢学に、修行の妨げになると捨てられた長者の娘が大蛇に変じ、鐘に隠れる賢覚を捕らえてともに日高川に沈むという物語です。

展示室6 雛祭りの茶
桃の節句とも呼ばれる3 月3 日は、女の子の健やかな成長を願う雛祭りの日です。この華やかな年中行事にちなんだ茶道具約20 件を取り合わせられています。

 

タイトル 企画展「狩野派と土佐派 幕府・宮廷の絵師たち」
会期 2021年2月25日(木)~3月31日(水)
会場 根津美術館
住所 〒107-0062 東京都港区南青山6-5-1
Webサイト http://www.nezu-muse.or.jp
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 毎週月曜日
料金 オンライン日時指定予約 一般1300円 学生1000円
当日券(窓口販売) 一般1400円 学生1100円
*当日券は、予定枚数の販売が終了している場合があります。
*障害者手帳提示者および同伴者は200円引き、中学生以下は無料。
チケット情報 日時指定予約は、こちらから→http://www.nezu-muse.or.jp/jp/timed-entry-reservation/